アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   リンパ浮腫   >  リンパ浮腫に対する集学的治療とチーム医療

リンパ浮腫

2016/05/18
リンパ浮腫に対する集学的治療とチーム医療

リンパ浮腫はさまざまなアプローチで治療を行う必要があります。理学療法、運動療法、手術療法、薬物療法、食事療法…。下表はリンパ浮腫の病期*、ガイドライン**上の推奨グレードと、当院が採用している治療方針の関係です。

 

160518_img_1.gif

 

たとえばStage II(四肢の挙上だけではほとんど組織の腫脹が改善しなくなり、圧痕がはっきりする)では、弾性着衣・弾性包帯、用手的リンパドレナージ、スキンケア、リンパ管静脈吻合という風に、治療が非常に多くなります。治療効果を最大限に期待するならば、全て行うのが良いでしょう。いろいろなアプローチを併用することを集学的治療とも言います。

当然のことながら、そこに関わる医療者の職種は多岐にわたりますので大変です。リンパ浮腫の治療が難しいのは、集学的治療のために職種をまたいでコミュニケーションを行うためです。当院は姉妹院を含めるとスタッフの数が50人に上ります。そこで、毎朝始業前に患者様ごとのブリーフィングをおこなって、情報を共有するようにしています。職種が違いますので、お互いの仕事内容を完全に理解した上で、打ち合わせに参加するように心がけています。

このような医療を「チーム医療」といいますが、「リンパ浮腫のチーム医療」のために、スタッフ皆が頑張ってくれています。

 

160518_img_2.jpg

 

 

☆リンパ浮腫のさまざまな治療のなかで、当院は、「日帰りのリンパ管静脈吻合術」に特に力を入れています。詳しくは手術のページをご覧下さい。

 

リンパ浮腫の最新記事

2023/10/16
【受賞情報】吉松英彦医師 アメリカマイクロ再建外科学会Godina Traveling Fellow受賞
2023/05/06
【受賞情報】辛川領医師 日本形成外科学会学術集会2023最優秀演題賞
2022/11/30
リンパ浮腫に運動は有効か?
2022/09/30
サウナはリンパ浮腫のリスクになるか?
2022/04/23
第65回日本形成外科学会総会・学術集会報告
2022/03/15
【Drもとい連載コラム】29. メス
2022/03/09
【Drもとい連載コラム】28. 無影灯
2022/03/02
【Drもとい連載コラム】27. 電気メス
2022/02/16
【Drもとい連載コラム】25. 冠動脈バイパス術・ファバローロ
2022/02/01
吉松英彦医師「再建外科のノーベル賞」米Godina Fellow受賞
2021/12/30
【Drもとい連載コラム】24. 縫合糸
2021/12/09
【Drもとい連載コラム】23. 治水工事
2021/11/15
【Drもとい連載コラム】22. シロリムス(ラパマイシン)の発見
2021/10/27
【Drもとい連載コラム】21. シロリムス薬事承認
2021/10/06
【Drもとい連載コラム】20. 学会のオンライン化
2021/09/10
【Drもとい連載コラム】19. 薬の名前
2021/09/02
辛川領医師の論文が発表されました
2021/08/31
【Drもとい連載コラム】18. 残されたものを最大限に生かせ
2021/07/14
【Drもとい連載コラム】17. 二刀流 〜オリンピックと医師免許〜
2021/07/02
辛川医師オンライン講演