アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

医師ブログ

TOP  >  医師ブログ  >   リンパ浮腫   >  リンパ浮腫と食事

リンパ浮腫

2016/05/13
リンパ浮腫と食事

リンパの腫れと食事に密接な関係

リンパ浮腫のむくみは、肥満によって大きく変動します。肥満によって体積の増えた脂肪細胞がリンパの流れを圧迫して、リンパ浮腫の部分に水分が集まりやすい傾向があります。体重が増えると、リンパ浮腫の部分だけ特に太るように感じることもあります。肥満の指標であるBMI(body mass index)が30(2度肥満)を超えるとリンパ浮腫が悪化しやすいとされています。下のグラフを参考にして、ご自分の適正体重を考えてみてください。

 

231202lymphedema-and-diet.jpg

 

体重コントロールの注意点

体重をコントロールするのはとても重要ですが、一方で、過度なダイエットで脱水状態になるとかえって手足の循環が悪くなり、蜂窩織炎などを起こしかねません。水分は十分にとり、バランス良く栄養を摂取するようにしてください。

リンパの腫れに効く食べ物とは

糖質(ごはん、パン、麺類、イモ類)の摂取が多すぎないか、野菜は十分に取れているか、逆に、糖質ダイエットなどの無理な食事制限をしていないか、食べる順序は工夫しているか、、。アヴェニューセルクリニックでは、リンパ浮腫の患者様で、体重増加にお悩みの方に対して栄養指導もおこなっています。

 

⇒ ダイエットなんて無理!?

当院では日頃お忙しいリンパ浮腫の患者様のために、日帰りでできるリンパ管静脈吻合術もおこなっています。詳しくは手術のページをご覧ください。

リンパ浮腫の最新記事

2023/10/16
【受賞情報】吉松英彦医師 アメリカマイクロ再建外科学会Godina Traveling Fellow受賞
2023/05/06
【受賞情報】辛川領医師 日本形成外科学会学術集会2023最優秀演題賞
2022/11/30
リンパ浮腫に運動は有効か?
2022/09/30
サウナはリンパ浮腫のリスクになるか?
2022/04/23
第65回日本形成外科学会総会・学術集会報告
2022/03/15
【Drもとい連載コラム】29. メス
2022/03/09
【Drもとい連載コラム】28. 無影灯
2022/03/02
【Drもとい連載コラム】27. 電気メス
2022/02/16
【Drもとい連載コラム】25. 冠動脈バイパス術・ファバローロ
2022/02/01
吉松英彦医師「再建外科のノーベル賞」米Godina Fellow受賞
2021/12/30
【Drもとい連載コラム】24. 縫合糸
2021/12/09
【Drもとい連載コラム】23. 治水工事
2021/11/15
【Drもとい連載コラム】22. シロリムス(ラパマイシン)の発見
2021/10/27
【Drもとい連載コラム】21. シロリムス薬事承認
2021/10/06
【Drもとい連載コラム】20. 学会のオンライン化
2021/09/10
【Drもとい連載コラム】19. 薬の名前
2021/09/02
辛川領医師の論文が発表されました
2021/08/31
【Drもとい連載コラム】18. 残されたものを最大限に生かせ
2021/07/14
【Drもとい連載コラム】17. 二刀流 〜オリンピックと医師免許〜
2021/07/02
辛川医師オンライン講演