アヴェニューセルクリニックでは最先端の再生医療、足のむくみの日帰り治療を受けることができます

再生医療点滴治療
細胞加工施設届出済 第二種再生医療等提供計画提出済

TOP  >  再生医療  >  点滴治療  >  静脈点滴の利点と問題点

アヴェニューセルクリニックは第二種再生医療等提供計画番号を取得しています。

幹細胞をもちいる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制が厳しく審査されます。そこで適切と認められれば厚生労働省に治療計画を提出することができ、はじめて治療を行うことが可能となります。アヴェニューセルクリニックは正式なプロセスを踏み厚生労働省に第二種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

我々が考える幹細胞を用いた究極の治療法、それが静脈投与です。

 幹細胞は組織の損傷部位に自然と遊走し、その組織を修復する性質を持っています。皮膚や関節は直接注射をし、損傷部位に細胞を到達させることが治癒への近道です。しかし、体内には直接注射することが出来ない部位も多く存在します。むしろ、そのような部位の方が多いでしょう。そこで、幹細胞を血流に乗せ障害部位まで到達させることが出来たら・・・・これは多岐にわたる部位を修復させることが出来ます。この究極の治療法を目標とするのがアヴェニューセルクリニックの幹細胞点滴療法です。

静脈点滴の利点と問題点

利点

 血管は身体の中でほぼ全ての部位に循環しています。幹細胞がその部位を通過する際に損傷部位があれば、そこに取り込まれて(ホーミング)組織修復を促進します。組織の修復の仕方はa:分化(その部位の細胞になる)b:パラクライン効果(幹細胞が様々な成長因子を放出し、近隣の損傷部位の修復を助ける)が考えられていますが未だ完全には解明できていません。また肺などに吸着した幹細胞が成長因子を放出し離れた損傷部位に働きかけるc:エンドクライン効果も考えられています。
 いずれにしても、点滴治療することにより直接投与では到達できない部位に作用させることが期待できます。
 実際、医学論文では脳梗塞、肺疾患、多発性硬化症などの自己免疫性疾患、糖尿病、肝硬変、虚血性心疾患などに効果があったという報告があります。これは少なくとも静脈投与により、脳や肺、肝臓、血管など様々な部位に幹細胞が働きかけていることを示しています。我々の臨床結果でも以下のような報告を患者様から得ています。

  • よく眠れるようになった。
  • イライラしにくくなった。
  • 作業に集中できる時間が長くなった。
  • 疲れにくくなった。
  • 目がよく見えるようになった。
  • 息が続くようになった。
  • 肌の張りが良くなった。トーンが明るくなった。
  • 性機能が増した。
  • 歯周病がよくなった。

問題点

 残念ながら現時点で全ての臓器に効果があるとは言えません。また、関節などの血流が乏しい部位では効果が得られにくいということが考えられます。この場合は直接投与する方が有効と言えます。癌化については様々な研究結果によりリスクはないと考えられています。しかし、幹細胞の点滴治療は熟練した技術と経験や知識が必要とされることからほとんどの施設では実施できず、患者様が受けることが出来にくいのが実情です。アヴェニューセルクリニックは厚生労働省へ自己骨髄由来間葉系幹細胞の点滴投与の第二種再生医療等提供計画を提出済みのクリニックです。
 また、治療には幹細胞の培養が必須になります。アヴェニューセルクリニックでは自己施設をクリニック内に設置しています。それにより最初から最後まで徹底的な観察管理の下、培養を行う事が出来ますがそれでも培養には感染や異物混入のリスクが伴います。もちろん、それを見逃したり、看過することはありませんが場合によっては組織採取などをやり直すことがあり得ます。
PAGETOP